夫婦関係仲のいい割合と秘訣は?夫婦の生活費、貯金について調査!

藤川徳美 ブログ  暮らし

夫婦関係はうまくいってますか?

友だち同士で軽く夫の愚痴を話すこともありますが、本当の夫婦関係って周囲にはなかな分かりません。

すごく仲が良さそうに見えたのに、ある日突然離婚したり。

夫婦関係の実情について調べてみました。

この記事を読むと

  • 夫婦仲がいい割合は?
  • 夫婦仲をよくする秘訣
  • 夫婦+子供2人の平均生活費
  • 40代夫婦の平均貯金額

について知ることができます!

スポンサーリンク

夫婦関係。仲がいい夫婦の割合は?

夫婦関係。仲のいい夫婦の割合ってどれくらいなのでしょうか?

明治安田生命が2017年の「いい夫婦の日(11月22日)」にちなんで、全国の20代~70代の既婚者約1600名に行ったアンケートの結果が、面白い数値を出しています。
この中では、まず、「夫婦関係は円満ですか?」という問いに「円満である」もしくは「まあ円満である」と答えた方は76.1%でした。しかし、次に「生まれ変わっても、もう一度同じ相手と結婚したいですか?」の問いに「必ず結婚する」もしくは「たぶん結婚する」と答えたのは46.7%にとどまりました。その差約30ポイント。「今の夫婦関係が破綻しているわけではないけれど、もう一度結婚する気はない」という人が約3割いると考えられます。
夫婦として、家族としては合格点ではあるけれど、また再び相手をパートナーに選ぶほどの愛情はない。嫌いじゃないけど、愛してもいない……そんな微妙な夫婦関係が目に浮かぶようなアンケ―ト結果でした。

引用元:AllAbout

 

 

夫婦仲がいい割合 76.1%

生まれ変わっても結婚したい割合 46.7%

3組の1組は離婚する時代といわれていますが、仲がいい割合が7割以上と高い数値になっています。

生まれ変わったら結婚したくない割合が5割以上いるのは、また、来世は新しいときめきを求めたいという気持ちもあるのかもしれません。

いずれにしろ、いまの夫婦関係にある程度満足している方が7割以上という結果から、仲のいい夫婦が多いことが分かります。

40代夫婦関係。仲良しでいるための秘訣5選

40代の夫婦関係。

一緒に生活をするパートナーですので、できることなら仲良くいたいですよね。

40代の夫婦関係、仲良くいるための秘訣とは?

相手の話をよく聞く

相手の話をよく聞くことはとても大切です。

相手がしっかりと話しを聞いてくれるだけで、信頼度は高くなっていきます。

忙しいときや相手の話を聞く余裕がないときは、その旨を伝えても大丈夫ですが、気持ちに余裕があるときは相手の話をよく聞くことが大切です。

自分の気持ちはしっかりと伝える

相手のことを不満に思っているのに、事をあらげたくないばかり、ぐっと気持ちを抑え込んだままでいると、どんどんとストレスが溜まっていってしまいます。

ずっと本心をいえいことが続き、夫が定年後に不満が爆発してしまい、離婚してしまったなんて話も。

お互いが居心地のいい関係になるためにも、しっかりと思いを伝えることも大切です。

逆に相手にも自分の意思を伝えてもらってもいい雰囲気を作っておくことで、お互いの気持ちをしっかりとやりとりできます。

お互いに自分の時間を持つ

いつも一緒にいると疲れてしまいます。

お互いにそれぞれに趣味を持っておけば、いい距離感で生活することができます。

趣味がとくにないという人は、ジムに通ったり、散歩したりする時間を持つことでもいいと思います。

夫婦だからこそ、距離感も大切です。

お金は明朗会計

夫婦のトラブルの原因としてお金がよくあげられます。

お互いが納得できるお金の使い方をよく話し合い、いつでも、いまの収入や支出、貯金額を把握できるよう明朗会計にしておくことがおすすめです。

感謝の気持ちは必ず伝える

家族だからといって『ありがとう』の言葉を使わない家庭もありますが、感謝の気持ちを家族だからこそ、しっかりと伝えることでいい関係を築くことができます。

人はほめられるよりも、感謝されるほうが幸せな気持ちによりなるそうです。

相手の役に立ち、喜んでもらえることはとてもうれしいことです。

さりげないことでも『ありがとう』を伝えましょう。

夫婦+子供2人の平均生活費は?

総務省統計局の2018年4人世帯(有業者1人)データによると、4人家族の1ヶ月の生活費平均は約37.8万円です。総務省がいう4人世帯は、夫婦と子供2人の4人で構成される家族のことです。

総務省のデータには、貯金額約6万円なども含まれて43.8万円と記載されていますが、貯金は支出ではないので今回の生活費には含めません。

総務省のデータをもとに、4人家族の生活費内訳をまとめてみました。なお、このデータは日本全国の世帯調査による平均です。

家賃約130,000円
食費約79,000円
水道光熱費約21,000円
スマホ・ネット代約15,000円
衣類・日用品約15,000円
交際費・娯楽費約46,000円
子どもの養育費・小遣い約60,000円
医療費約12,000円
合計約378,000円

                    引用元:Rooch         」 

世帯平均収入は378,000円

節約雑誌では、4人家族で25万程度の家計もよくみかけますが平均はそれより10万円以上高くなります。

40代夫婦の平均貯金額は?

・平均貯蓄額は942万円
2017年の40歳代の1世帯あたり金融資産保有額は平均942万円(金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する調査」2018年)となりました。
数字が大きくてびっくりしそうですが、これは非常に金融資産が多い人も含まれた平均ですから、「中央値550万円」のほうが参考になるでしょう。
中央値は統計をとった人数をベースに「みんなの真ん中」あたりの数値となります。

  引用:保険チャンネル

40代1世帯あたりの平均貯金額は942万円。

中央値が550万円

一部の富裕層が平均貯金額をぐっと押し上げていることが分かります。

この年代は、住宅ローンを抱えている世帯も多く、そのために貯金額が少なくなる世帯も多いです。

夫婦の形はそれぞれ。夫婦2人が幸せになれることが一番!

夫婦によって幸せな形は変わってきます。

貯金がたくさんあるから幸せな夫婦になれるとは限りません。

お互いよく話し合って、2人が納得し幸せだと思えることがもっとも大切です。

暮らし
スポンサーリンク
シェアする
kaeruをフォローする
スポンサーリンク
かえるのライフハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました