藤川徳美医師の栄養療法2か月経過後の変化。プロテイン+鉄+ATP

無印良品 冷凍食品 藤川徳美医師

藤川徳美医師の栄養療法を始めて2か月が経過しました。

ブログや本を読み、体調に合わせてプロテイン+鉄+ATPセットを飲んでいます。

2か月経過した今の現状について記録してみました。

もし、今、藤川徳美医師の栄養療法を試そうと思われている方の1つサンプルとして参考してもらえればと思います。

藤川徳美医師の栄養療法。今飲んでいるものは?

藤川徳美医師の栄養療法で、実際にのんでいるものを紹介します。

プロテイン

プロテイン 20g×2回(朝、夕)

いまはコスパ最強とうたわれている楽天市場で販売されている無添加ホエイプロテインを飲んでいます。

味はあまりおいしくない、どろっとしているすごく薄いミルク・・・のような味です。

私はコストを抑えるために全然飲めますが、子供は断固拒否です。

でも、楽天でのレビューは上々。

もっと安いプロテインが販売されれば乗り換えも検討しますが、いまのところ続けるつもりです。

ホエイ3kg 送料無料 コスパ日本一挑戦 1kg×3個セット プレーン 無添加 国産 ホエイプロテイン 3kg テイスティホエイ プロテイン3キロ 筋トレ トレーニング 1キロ 国産 無添加 無加工 筋肉 部活 学生 高校生 中学生 女性 ラグビー アメフト ボディビル

価格:4,980円
(2019/12/3 14:08時点)
感想(77件)

サプリ

下記がいま飲んでいるサプリの一覧です。

  • ビタミンC-1000   朝夕各1錠
  • ビタミンE-400   朝1錠
  • ビタミンb-50     朝1錠
  • 鉄36mg       朝1錠
  • ナイアシン    朝夕各1錠
  • ナイアシンアミド 朝夕各1錠

栄養療法を始めて2カ月までは、サプリの量によって1週間に1度くらい吐き気がして体調が悪かったので、その度にサプリの量を調整しました。

2か月経過してようやく上記の量で落ち着いてきた感じです。

ブログや本を読んで思うことは、たぶんですがタンパク質が体にしっかりと入っていないので、サプリを飲んだ時に体が拒否して吐き気がでるのだと思います。

藤川徳美医師のブログにもナイアシンは吐き気が出る場合があるので、そのときは量を減らすように書いてあります。

栄養療法を始めたころ、ナイアシンアミドを飲んでいましたが、ナイアシンのほうがよく効くことを知り、飲んでみたらすごく頭がすっきりして、回転がよくなることをすごく実感しました。

ナイアシンの効き目にうれしくなり、ナイアシンアミドからナイアシンに変更しましたが、1日3~4錠飲むと吐き気がひどく、一日動けずぐったり。

どうしても休むことができない日の前日はナイアシンの量をむやみに増やさないことをおすすめします。

藤川徳美医師の栄養療法2カ月経過 

藤川徳美医師の栄養療法が2か月経過し、変わったことを記録します。

1ヵ月経過で変化したこと

  •    イライラが減った
  •    反芻思考が減った
  •    落ち込んでも切り替えが早い
  •    ネガティブ、不安が減った
  •    肌がきれいになった

くわしくはこちら

藤川徳美医師の栄養療法!安くておすすめのプロテインやサプリは?
糖質制限を始めたのは藤川徳美医師の本とブログを読んだから。年齢とともに体が思うように動かず無気力になることや注意散漫、感情のコントロールがあまりできなくことが増えて不安になっているときに藤川徳美医師の本やブログを読んで、我...

栄養療法2か月経過で変化したことは?

家事が丁寧になる

もともとすごくおおざっぱです。

すみずみまで掃除することが苦手でした。

しかし、最近は以前より細かい部分まで掃除できるようになり、部屋も比較的にきれいな状態をキープできています。

 人に会っても緊張しづらくなる

もともとすごく緊張すやすいタイプです。  

人とのコミュニケーションでは間が大切だといわれていますが、緊張してしまうので間がうまくとれないことも多くありました。

栄養療法をしてから緊張しづらくなり、この間をしっかりととれるようになったので相手との距離感も以前よりずっと適切にとれるようになったと思います。

ただ、朝プロテインを飲むと夕方切れてしまうようで、また、少し緊張してしまうことも。

そんなときは、プロテインを飲むとしっかりと落ち着いて対応できるので、栄養療法の効き具合がよくわかります。

日常の何気ない事に幸せを感じる

以前は反芻思考がひどくて、毎日の生活に余裕がありませんでしたが、栄養療法を始めてから反芻思考がほとんどなくなったので、日常の何気ないことに幸せを感じるようになりました。

朝、飲むコーヒーをおいしいと思えたり、色づいてきた紅葉がきれいだなと思えたり。

その瞬間、瞬間に幸せを感じられるようになったのはうれしい変化です。

セロトニンが増えると多幸感を感じやすくなるといわれますが、ビタミン類をしっかりととるようになりセロトニンが増えているのかもしれません。

疲れにくくなる

もともとすごく体が疲れやすいタイプでした。

大学卒業後、会社員となっても残業が多いわけでもないのに週末はよく寝ていました。

体が常に重く、すぐに横になりたくなっていましたが、いまは横にならなくても平気です。

体があたたかい

以前よりも体温が高くなりました。

栄養療法で期待しつつも変化していないこと

栄養療法で期待しつつも、まだ変化していないこととは?

体重の変化

脂肪が燃焼しやすくなるためやせると書かれていましたが、体重は変化なし。

本のレビューでも痩せたとをいう話も見るので、すごく期待してるのですがその変化はあらわれていません。

甘いものがほしくなくなる

藤川徳美医師の栄養療法を始めると甘いものがほしくなくなる方が多いようですが、いまのところ甘いものが食べたくなる時があります。

そんなときは、糖質オフのお菓子を購入したり、自分でお菓子を作ったりしてしのいでいます。

まとめ

2か月経過で、本当に体は楽になったし、毎日幸せを感じやすくなりました。

以前は、予期不安が強くて、『将来、どうなっちゃうんだろう。』なんてことをよく考えていましたが、いまは楽観的に『どうにかなるだろう。』と思えるから不思議です。

3か月目以降も経過は報告してこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました