子供と一緒にお金の勉強をする方法3選。浮いたお金を投資!

転勤族 子供 何人 投資

我が家には小学校に通う子供が2人います。

学校の勉強ももちろん大切だと思うし、学校の授業で基礎をしっかり身に着けてほしいと思いますが、それと同じくらいお金の勉強は重要だと思っています。

生きていくためにも、生活を充実させるためにも、やっぱりお金がある程度はあったほうが、心にも余裕ができます。

いくら収入が多くても、借金が多い人もいますし、たとえ収入がすくなくても上手にやりくりして、生活を楽しみながら貯金している人もいます。

子供にも自分で得た収入で、しっかりとお金のやりくりをして、できれば毎日を楽しく生きていってほしいなと思います。

この記事では我が家の子供と一緒にお金の勉強方法する方法3選についてご紹介します

スポンサーリンク

子供と一緒にお金の勉強する方法3選!

子供と一緒にお金を勉強する方法3選をご紹介するよ!

お小遣いは基本なし。お手伝いをすればお金をもらえる!

我が家では基本的におこづかいはありません。

お友達と遊ぶ日はおやつ代として、少しお金を渡しますが、それ以外のお金を渡しません。

そのかわりお手伝いをしたときはおこづかいをもらえるルールにしています。

買い物10円、トイレ掃除10円、窓ふきが20円など、まだ小さいので金額は低めに設定しています。

幼稚園のときは、駄菓子屋さんで100円だけ渡して計算させる

20円や30円の商品がたくさん売っている駄菓子屋さんで100円だけ渡して、お菓子を買わせていました。

いろいろな種類のお菓子を購入したい子供は一生懸命、指を使いながら一生懸命計算。

このことで勉強系の習い事にはいっさい通っていませんでした、小学校に入学する頃には何も教えなくても数字に強くなったと思います。

予算内で物を買うことで良いお金の勉強になったと思います。

浮いたお金で一緒に投資。子供と小額投資で投資の勉強!

昭和は銀行の金利が5%ついたこともあるので、貯金を銀行に預けておけばお金が勝手に貯まっていました。

でも、いまはマイナス金利と呼ばれる時代なので、いくら銀行に預けてほとんど金利は増えません。

やはり、これからしっかりとお金を増やしていくには、投資のセンスを身につけることは本当に大切だと思っています。

投資のセンスは実際に金融商品を購入し、売買することで磨かれます。

我が家では浮いたお金で投資信託を購入するようにしています。

例えば、家族で遊びにいくときに、電車に乗れば運賃がかかりますが、散歩がてら歩いて公園までいけば運賃の150円ほどが浮きます。

往復だと300円。

この浮いたお金で、子供に楽天証券で投資信託の商品を購入させています。

(散歩することで家族みんなでいい運動にもなるので、これは初めてよかったと思います。)

楽天証券では100円から投資信託を購入できるのでおすすめ。

子供が興味のある国、例えばアメリカとか、世界分散とか選ばせて購入させます。

たまに、「いま、いくらになっているの?」と自ら金額を確認にきます。

投資信託に少しずつ興味を持ってきたのか、自ら浮いたお金で投資信託を購入したいと言ってくることも。

タイトルとURLをコピーしました