転勤族の手当て事情。家賃補助手当てがたくさんもらえる?税金がひかれるの?

転勤族 家賃 補助 生活

転勤族 家賃補助

転勤族の手当てが充実してそうだね。家賃補助ってたくさんもらえそう!

手当てについては会社によってまちまちなんだ。たくさん家賃補助がでる会社もあれば

家賃補助手当てがでない会社もあるよ!

転勤族の手当てについては、会社によってまちまちです。

家賃補助手当てについてもすごく充実している会社もあれば、転勤のない会社とほとんど変わらない場合も。

ちなみに、フロッグ家は家賃補助に上限額があります。

東京などは家賃補助手当てが高く、地方にいくほど安くなりますが、地方だって子供のために学区を選ぶとそれなりの家賃になるので、ファミリー物件を借りると家賃が高くなるので、毎回持ち出しが発生。

単身者より少しだけ高い程度なので、もう少し家賃補助手当てが増えるとうれしいと思います。

家賃は、節約のしどころなので、できるだけ安く抑えるような賃貸物件を選んでいます。

ここでは「家賃補助手当てと住宅手当ての違い」「転勤族の家賃補助手当て事情」「家賃補助手当てから税金がひかれる話」について紹介します。

スポンサーリンク

家賃補助手当てと住宅手当ての違いは?

「家賃補助」や「住宅手当」という言葉をたまに耳にしますよね。

この2つの言葉に違いってあるのでしょうか?

今回、この2つの言葉の違いについても調べてみました。

Q,「家賃補助」と「住宅手当」との違いとは?

「住宅に関する福利厚生」を「家賃補助」と呼んでも「住宅手当」と呼んでもよく、会社それぞれが決めるものとなっているもの。

「家賃補助」も「住宅手当」も会社によって違いはありますが、同じようなものとしてとらえてよさそうです。

人によって「家賃補助」と呼んでる人がいたり、「住宅手当」と呼んだりしている人がいますが、そのような事情があるんですね。

転勤族の家賃補助手当て事情とは?

国家公務員は?

国家公務員は転勤が多い仕事ですが、人事院によると家賃補助手当は月額最高額が27,000円となっています。

国家公務員はたくさん官舎があるので、官舎に入ることが多そうですが・・・。

会社によってさまざま。家賃補助がでない会社も

家賃を全額だしてくれる会社もあれば、半分まで負担してくれる会社もあり、転勤族の家賃補助事情はさまざまです。

なかには年収はとても高くても、家賃補助が出ない会社もあります。

家賃補助の盲点。家賃補助には税金がかかるって知ってましたか?

家賃補助に税金がかかるって知ってましたか?

家賃補助は所得税も住民税もしっかりかかります。

 

例えば、家賃補助手当が6万の場合、所得税が10%であれば6,000円、住民税も10%なら同じく6,000円、合計12,000円かかります。⇒実質の家賃補助手当は48,000円
  

所得税率10%、住民税率10%かかる人の場合は12,000円だけど、

所得税率20%、住民税率10%の人なら18,000円税金がかかるんだ!

家賃補助手当てからも税金はがっつりひかれるので、賃貸物件を探すときはそのことも踏まえて探すことがおすすめです。

家賃を1~2万円くらいあげれば、もっと広い部屋だったり、新しい部屋だったりと賃貸物件の質を上げることができますよね。

家賃補助手当てから税金をひかれなければ、「もっと条件のいい賃貸物件に住めるのに。」と毎回思います。(涙)

家賃補助手当てからは税金ひかないでほしい~(涙)

 

社宅には税金がかからないので家賃補助よりメリット大きい

社宅や借り上げ住宅には税金がかかりません。

社宅制度は、会社が所有もしくは賃貸している居住用物件を社員等に貸すもののことをいいます。

社宅が家賃補助支給するよりもメリットが高い理由とは?

・会社負担の家賃は、経費としてみなされるので税金がかからない。

・社宅の費用は給与としてみなされないので社会保険料が上がらない。

もし、個人で賃貸物件を借りるか社宅かを選べるなら、社宅を選んだ方がお金の面ではメリットが大きいのでおすすめです。

家賃補助があまり出なくても社宅や借り上げ住宅が充実している会社も!

家賃補助があまりでない会社もありますが、そのかわりに社宅や借り上げ住宅が充実している会社も多いです。

高級住宅街で駅近物件に、月2~3万程度の安い賃料で住めることもあります。

高級住宅街は治安がよくて、住みやすいところがほとんどなので知らない土地でも安心して住むことができそうです。

少ない自己負担額で、とても素敵な物件に住めると転勤生活も楽しくなりそう!

それにしても、家賃補助全額負担してもらえるのは、本当にうらやましい限りですよね。

すごく貯金がたまりそうだ。

生活
スポンサーリンク
シェアする
kaeruをフォローする
スポンサーリンク
かえるのライフハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました